アクティブファンド

人気・注目の国内株式アクティブファンドのパフォーマンスを比較。インデックスファンドに勝てるか? そして優秀なファンドは?

投稿日:2019年2月22日 更新日:

そのコストの高さもあって多くのアクティブファンドインデックスファンドに負けると言われています。

実際の結果はどうなのか、主に国内株式を投資対象とした人気のアクティブファンドのパフォーマンスを、インデックス(TOPIX)との比較を含めて徹底的に調査・解析します。

スポンサーリンク

*本記事は2019.1末時点の情報に基づき記載しています。

比較した国内株式アクティブファンド

国内株式を主な投資対象としたアクティブファンドのうち、下記の基準で人気・評判のファンドを32本抽出し、今回の調査対象としました。

  • つみたてNISA対象
  • SBI証券、楽天証券、マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に採用されているファンド
  • SBI証券での2019年1月の月間販売件数、販売金額ランキング 国内株式部門20位までのアクティブファンド
  • 独立系直販投信
  • 管理人の主観で追加したファンド

尚、同じマザーファンドで運用する複数の類似ファンドがある場合は運用期間の長いファンドで代表します。
*例えばひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金、または一般販売用、
確定拠出年金でファンドを分けているものなど。

また比較の対象とするTOPIX(配当込)は野村AMのETF(1306)のデータを使用しています。

[注意]以下、パフォーマンスをTOPIXと比較していきますが、ここにあげたファンドのベンチマークまたは参考指数がTOPIXという訳ではありません。あくまで国内株式を代表する指数としてTOPIXを使用しただけで、ファンドによっては適切な評価・比較になっていない場合も有り得ます。

比較したファンド、その運用会社、設定日、信託報酬を下表にまとめます。設定の古い順に並べてあります。

ファンド 運用会社 設定日 信託報酬
スーパー小型株ポートフォリオ 三井住友AM 1994/6 1.296%
JASDAQオープン 三菱UFG 1994/10 1.426%
日興アクティブバリュー 日興AM 1997/10 1.642%
フィデリティ・日本成長株・ファンド フィデリティ投信 1998/4 1.652%
さわかみファンド さわかみ投信 1999/8 1.080%
MHAM日本成長株オープン アセマネOne 2000/1 1.674%
MHAM新興成長株オープン (愛称:J-フロンティア) アセマネOne 2000/2 1.836%
年金積立 Jグロース 日興AM 2001/10 0.886%
ニッセイ日本株ファンド ニッセイAM 2001/12 1.080%
三井住友・中小型株ファンド 三井住友AM 2003/9 1.620%
野村リアルグロース・オープン 野村AM 2003/10 1.620%
三井住友・配当フォーカスオープン 三井住友AM 2004/6 0.907%
SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト SBI AM 2005/2 1.620%
SBI小型成長株ファンド ジェイクール SBI AM 2005/12 1.836%
SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ SBI AM 2006/7 1.836%
大和住銀DC国内株式ファンド 大和住銀 2006/10 1.026%
スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  スパークス 2008/3 1.771%
ひふみ投信 レオス 2008/10 1.058%
コモンズ30ファンド コモンズ投信 2009/1 1.058%
結い 2101 鎌倉投信 2010/3 1.080%
東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 東京海上AM 2013/4 1.555%
みのりの投信 ポートフォリア 2013/4 1.890%
ザ・2020ビジョン コモンズ投信 2013/12 1.242%
ニッポン中小型株ファンド 大和住銀 2014/2 1.782%
中小型成長株オープン 岡三AM 2014/3 0.918%
日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) 大和住銀 2014/4 1.902%
スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称:対話の力) スパークス 2014/12 1.836%
ひとくふう日本株式ファンド 大和住銀 2016/3 0.270%
iTrsut日本株式 ピクテ投信 2016/6 0.961%
ノーロード明治安田日本株式アクティブ 明治安田AM 2016/12 0.297%
げんせん投信 ニッセイAM 2017/6 0.999%
厳選ジャパン アセマネOne 2017/9 1.663%

 

2018年 年間騰落率ランキング

2018年 1年間の騰落率

先ずは2018年1年間の年間騰落率ランキングです。

2018年 年間騰落率ランキング
順位 ファンド 1年騰落率 2017年順位
1 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 5.8% 5
2 厳選ジャパン -1.6% ---
3 スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  -5.7% 18
4 結い 2101 -8.0% 30
5 スーパー小型株ポートフォリオ -10.1% 7
6 ひとくふう日本株式ファンド -10.4% 28
7 MHAM新興成長株オープン (愛称:J-フロンティア) -11.0% 2
8 三井住友・中小型株ファンド -11.5% 6
9 MHAM日本成長株オープン -14.8% 4
10 iTrsut日本株式 -15.0% 26
11 三井住友・配当フォーカスオープン -15.3% 14
12 SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト -15.6% 10
13 SBI小型成長株ファンド ジェイクール -15.7% 1
  TOPIX -16.1%  
14 野村リアルグロース・オープン -16.1% 13
15 コモンズ30ファンド -16.9% 21
16 大和住銀DC国内株式ファンド -17.2% 22
17 さわかみファンド -17.2% 20
18 スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称:対話の力) -17.5% 23
19 年金積立 Jグロース -17.6% 17
20 ニッセイ日本株ファンド -18.0% 29
21 げんせん投信 -18.4% ---
22 JASDAQオープン -18.9% 8
23 日興アクティブバリュー -20.1% 19
24 ひふみ投信 -21.4% 12
25 ザ・2020ビジョン -21.6% 25
26 ノーロード明治安田日本株式アクティブ -22.5% 27
27 ニッポン中小型株ファンド -22.6% 11
28 フィデリティ・日本成長株・ファンド -24.1% 16
29 中小型成長株オープン -24.8% 9
30 日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) -29.0% 24
31 SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ -30.2% 3
32 みのりの投信 -30.4% 15

TOPIXが-16%と大きく下落した1年でしたが、その中で、TOPIXをアウトパフォームした(上回った)ファンドが13本、アンダーパフォームした(下回った)ファンドが19本という結果です。

今回取り上げたファンドは比較的人気の高い、知名度の高いファンドですが、それでも半数以上がアンダーパフォームという厳しい結果です。

その中で1位は、

1位:東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン (東京海上アセットマネジメント)

TOPIXを含めここにあげた全ファンドがマイナスとなっている中、唯一プラスの騰落率となったのが東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

MORNINGSTARのFUND OF THE YEAR2018 国内株式部門 最優秀ファンド賞に選出されたファンドです。

 

人気のひふみ投信(ひふみプラス)は24位、ジェイリバイブは31位です。

 

成績の良いファンドを事前に予想できるか?

上表には2017年の騰落率ランキングも記載してあります。

2018年と2017年のランキングを見ると、最大で28もランキングが変わっているファンドもあり、この2年の順位に全く相関はありません。

詳細な年別成績については後述しますが、2017年の成績から2018年の成績を予測する事は困難だという事です。

 

 

10年間パフォーマンス・ランキング

運用期間が10年以上のファンド19本に対して10年間の成績を比較します。

 

直近10年間のパフォーマンス

2019年1月末日時点の直近10年間の騰落率(リターン)、リスク、シャープレシオ(S/R)を比較します。

*リターン、リスクは年率、シャップレシオは無リスク資産の利回り0で計算。

先ず、各ファンドのリスク-リターン特性が下図。

国内株式アクティブファンド

リターンの高い順に並び替えたのが下表。

直近10年間のパフォーマンス(2019年1月末日時点)
順位 ファンド リターン リスク S/R S/R順位
1 SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ 22.5% 18.5% 1.218 3
2 SBI小型成長株ファンド ジェイクール 20.7% 26.3% 0.789 10
3 MHAM新興成長株オープン (愛称:J-フロンティア) 20.6% 19.1% 1.074 4
4 スーパー小型株ポートフォリオ 20.3% 15.7% 1.287 1
5 三井住友・中小型株ファンド 19.9% 15.9% 1.255 2
6 SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト 18.4% 18.0% 1.025 6
7 MHAM日本成長株オープン 17.4% 20.6% 0.843 9
8 JASDAQオープン 17.0% 17.8% 0.953 8
9 スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  16.6% 15.6% 1.066 5
10 ひふみ投信 15.4% 15.1% 1.021 7
11 野村リアルグロース・オープン 13.5% 18.1% 0.745 12
12 三井住友・配当フォーカスオープン 11.9% 15.4% 0.775 11
13 年金積立 Jグロース 11.8% 17.3% 0.684 14
14 コモンズ30ファンド 11.1% 15.6% 0.716 13
15 日興アクティブバリュー 10.5% 18.3% 0.576 15
16 さわかみファンド 9.9% 17.5% 0.565 16
17 大和住銀DC国内株式ファンド 9.7% 17.5% 0.555 17
18 フィデリティ・日本成長株・ファンド 9.3% 17.9% 0.521 18
  TOPIX 9.1% 17.0% 0.537  
19 ニッセイ日本株ファンド 8.4% 17.3% 0.488 19

なんとTOPIXに対し19本中、18本がアウトパフォームする好成績です。

ただ、上位を見ると中小型株を中心に投資するファンドが多く占めており、単にこの10年間、中小型株が好調だったというだけかもしれません。(TOPIXではなく、長期で比較できる中小型株を代表する指数があれば良いのですが…)

(そういう可能性もあるという事を頭に入れておいて)

ランキングをみていくと、

[リターン 1位] SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ (SBIアセットマネジメント)

2018年は不調でしたが、10年リターンで見ると素晴らしい成績です。

シャープレシオでも3位に入っています。

 

[シャープレシオ 1位] スーパー小型株ポートフォリオ (三井住友アセットマネジメント)

25年の運用実績を誇るファンドで、リターンも4位です。

 

 

複数の5年間のリターン

上述の直近10年間のリターンは、ある一時期だけの大きな暴騰・暴落を見ている可能性もあり、ファンドの評価としては十分ではありません。

そこで、2009年1月から2019年1月までの10年間で複数の5年間の区間をとり、そのリターンを見てみます。

*2009年1月から5年間、2009年2月から5年間・・・2014年1月から5年間と、起点(投資月)を1カ月ずつずらして、それぞれの5年間のリターン(年率)を計算します。全部で61個(区間)のデータとなります。

平均値、最大値、最小値をグラフにしたのが下図。

国内株式アクティブファンド

平均値の高い順に並べたのが下表です。

順位 ファンド リターン(平均値)
1 SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ 32.0%
2 スーパー小型株ポートフォリオ 25.7%
3 三井住友・中小型株ファンド 25.4%
4 SBI小型成長株ファンド ジェイクール 25.3%
5 MHAM新興成長株オープン (愛称:J-フロンティア) 25.2%
6 SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト 25.1%
7 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 24.4%
8 スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  21.9%
9 JASDAQオープン 21.8%
10 ひふみ投信 21.5%
11 MHAM日本成長株オープン 20.6%
12 三井住友・配当フォーカスオープン 16.8%
13 年金積立 Jグロース 16.8%
14 野村リアルグロース・オープン 16.7%
15 日興アクティブバリュー 15.0%
16 コモンズ30ファンド 13.3%
  TOPIX 13.2%
17 大和住銀DC国内株式ファンド 12.9%
18 フィデリティ・日本成長株・ファンド 12.9%
19 さわかみファンド 12.4%
20 ニッセイ日本株ファンド 12.3%
21 結い 2101 9.8%
22 みのりの投信 8.8%
23 ザ・2020ビジョン 5.7%

複数の5年間の平均で見ると、TOPIXをアウトパフォームするのは16本と多少減りますが、それでも好調な成績です、

 

1位 : SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ (SBIアセットマネジメント)

10年間リターンでもトップだったSBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブがトップです。

 

2位:スーパー小型株ポートフォリオ (三井住友アセットマネジメント)

2位は、10年間シャープレシオでトップだったスーパー小型株ポートフォリオ

 

 

年別騰落率勝敗 ~毎年インデックスに勝ち続ける事ができるか?~

アクティブファンドに要求されるパフォーマンスの一つが毎年インデックスに勝ち続ける事が出来るかという事です。

ある1年だけ大勝ちしても、その他の年の成績が振るわないのでは良いファンドとは言えません。

そこで、それぞれの年ごとにTOPIXとの勝敗を比較し、勝った年、負けた年をカウント、その勝率を比較します。

評価期間は最長2002年~2018年。

勝率の高い順に並べたのが下表。
(5年未満のデータしかないファンドは比較対象外としました。表中グレーの行のファンド)

順位 ファンド 勝率
1 スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  100% 10 0
1 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 100% 5 0
3 ひふみ投信 90% 9 1
4 SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ 83% 10 2
5 三井住友・中小型株ファンド 80% 12 3
6 スーパー小型株ポートフォリオ 76% 13 4
7 JASDAQオープン 71% 12 5
7 日興アクティブバリュー 71% 12 5
7 MHAM新興成長株オープン (愛称:J-フロンティア) 71% 12 5
10 SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト 69% 9 4
11 みのりの投信 60% 3 2
12 さわかみファンド 59% 10 7
12 MHAM日本成長株オープン 59% 10 7
12 ニッセイ日本株ファンド 59% 10 7
15 三井住友・配当フォーカスオープン 57% 8 6
16 SBI小型成長株ファンド ジェイクール 54% 7 6
17 年金積立 Jグロース 47% 8 9
18 野村リアルグロース・オープン 47% 7 8
19 コモンズ30ファンド 44% 4 5
20 大和住銀DC国内株式ファンド 42% 5 7
21 ザ・2020ビジョン 40% 2 3
22 フィデリティ・日本成長株・ファンド 29% 5 12
23 結い 2101 25% 2 6
  ニッポン中小型株ファンド 75% 3 1
  中小型成長株オープン 75% 3 1
  スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称:対話の力) 75% 3 1
  日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) 50% 2 2
  ひとくふう日本株式ファンド 50% 1 1
  iTrsut日本株式 50% 1 1
  ノーロード明治安田日本株式アクティブ 0% 0 2
  げんせん投信 0% 0 1
  厳選ジャパン 100% 1 0

5年以上のデータがある23本中16本が勝率5割を超えています。

 

1位 : スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)(スパークス・アセット・マネジメント)

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)は、勝率10割、10年で一度もTOPIXに負けた年が無いという素晴らしい成績です。

 

1位:東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン (東京海上アセットマネジメント)

もう1本10割なのが2018年騰落率トップの東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

ただ、まだ5年間と短期間の評価結果である事に注意して下さい。

 

3位:ひふみ投信。

2018年TOPIXに大負けしてしまいましたが、今まで負けたのはこの1年だけです。

勿論、ここ1~2年での純資産総額の急激な増大で、外国株も組み入れるなど、従来とは大きく運用が変わってきていますので、過去の実績が将来も通用するかは分かりませんが。

 

まとめ

以上、国内株式を主に投資するアクティブファンドのパフォーマンスをインデックス(TOPIX)と比較しました。

そもそも、人気・評判が高いファンドを中心に評価した事もあり、TOPXIをアウトパフォームするファンドが多くあります。

その中で、特に注目すべきファンドは、

  • スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)
    TOPIXとの年別騰落率勝敗で10年間無敗。
    直近10年間、複数の5年間平均リターンともひふみ投信をも上回る成績。

  • 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
    2018年の下げ相場で唯一プラスの騰落率。
    TOPIXとの年別騰落率勝敗で5年間無敗。

  • SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
    直近10年間、複数の5年間の平均とも騰落率トップ
    TOPIXとの年別騰落率勝敗で10勝2敗、勝率83%。

  • ひふみ投信
    2018年は不調だったものの、2017年までは9年間TOPIXに負けなし。
    純資産総額の急激な増大がどう影響するか?

これらのファンドは、SBI証券楽天証券 マネックス証券などのネット証券で取扱っています。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)で投資したい方は、

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)マネックス証券 iDeCo

SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ、ひふみ年金マネックス証券 iDeCoSBI証券 iDeCo

で取扱っています。

 

 

また、各国内株式アクティブファンドの概要は下記ページにまとめてあります。

 

*あくまで過去の結果であり、将来のパフォーマンスを保証するものではない事にご注意ください。また、本記事はアクティブファンドへの投資を推奨するものでも、また否定するものでもありません。因みに管理人は、そのリスク資産の殆どをインデックスファンドに投資し、国内株式の一部をアクティブファンドに投資してます。

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-アクティブファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.