人気・注目の国内株式アクティブファンドの運用成績を一挙比較。インデックスファンドに勝てるか? そして優秀なアクティブファンドは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

そのコストの高さもあって多くのアクティブファンドインデックスファンドに負けると言われています。

実際の結果はどうなのか、国内株式に投資するアクティブファンドの過去の運用成績をTOPIX等と比較してみます。

比較した国内株式アクティブファンド

人気の直販系ファンド、そして注目されているファンド、さらにSBI証券楽天証券イオン銀行マネックス証券個人型確定拠出年金(iDeCo)にラインアップされている国内株式を投資対象としたアクティブファンドを比較します。

*一部のファンドは、外国株式に投資している場合もあります。

比較したファンドを下表にまとめます(設定日の古い順にならべてあります)。また、比較の対象として、SMTインデックスシリーズのTOPIX、日経225、JPX日経インデックス400、さらにJPX日経中小型株指数(配当込、税引前)を使用します。

尚、以降、本記事では下表に示した略称で表記する場合があります。

*iDeCoで取扱っている場合、ファンドの名称が異なったり、信託報酬が異なる場合があります。

ファンド 運用会社 略称 設定日 信託報酬
iDeCo(マネックス)日興アクティブバリュー 日興AM 日興アクティブ 1997/10/31 1.6416%
iDeCo(SBI,楽天,イオン)フィデリティ・日本成長株・ファンド フィデリティ投信 フィデリティ 1998/4/1 1.6524%
さわかみファンド さわかみ投信 さわかみ 1999/8/24 1.080%
iDeCo(SBI)三井住友・バリュー株式年金ファンド 三井住友AM 三井住友バリュー 2000/8/22 1.404%
iDeCo(楽天)MHAM日本成長株ファンド<DC年金> アセットOne MHAM日本 2001/11/19 1.6740%
iDeCo(SBI)DCグッドカンパニー(社会的責任投資) 三井住友トラストAM グッドカンパニー 2004/2/27 1.5336%
iDeCo(SBI,マネックス)SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ SBI AM ジェイリバイブ 2006/7/31 1.836%
iDeCo(マネックス)スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)  sparx スパークス厳選 2008/3/28  1.7712%
iDeCo(SBI,イオン)ひふみ投信 レオス ひふみ投信 2008/10/1 1.0584%
コモンズ30ファンド コモンズ投信 コモンズ30 2009/1/19 1.058%
結い2101 鎌倉投信 結い2101 2010/3/29 1.080%
iDeCo(SBI)みのりの投信 ポートフォリア みのりの投信 2013/4/30  1.890%
ザ・2020ビジョン コモンズ投信 2020ビジョン 2013/12/27 1.242%
iDeCo(SBI)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称:対話の力) sparx スパークス対話 2014/12/2 1.836%+成功報酬
ひとくふう日本株式ファンド 大和住銀 ひとくふう 2016/3/4 0.270%
iDeCo(楽天)iTrust日本株式 ピクテ iTrust 2016/6/30 0.9612%
ノーロード明治安田日本株式アクティブ 明治安田AM 明治安田日本 2016/12/21 0.297%
SMT TOPIXインデックス・オープン SMT TOPIX 2008/1/9 0.3996% 
SMT-日経225インデックス・オープン SMT  日経平均 2010/7/30 0.3996% 
SMT JPX日経インデックス400・オープン SMT  JPX400 2014/1/21  0.3996%
JPX日経中小型株指数(配当込)   JPX日経中小型(配当込) 2016/8/31  

*ノーロード明治安田日本株式アクティブも評価するつもりでしたが、設定から1年経っていない為除外しました。

国内株式アクティブファンド、過去の運用成績の比較

*基準価額は、各運用会社のサイトまたはモーニングスターより入手。分配金がある場合は、分配金再投資の価額に独自に変換しました。
*年率リターン・リスクは月次データ(終値)より計算しています。またシャープレシオは、無リスク資産の収益率0としています。

直近1年間のリターン・リスク

先ずは、直近1年間のリターン・リスクを見てみます。

1年では十分な比較とは言えませんが、ひとくふう日本株式ファンドiTrust日本株式が、未だ設定から1年ちょっとしか経っていませんので、この2本の結果を見るため、直近1年間で比較してみます。

アクティブファンド・国内株式

ひとくふう日本株式ファンドiTrust日本株式とも、TOPIXに対して、リターンは同等もしくは若干劣りますが、リスクは小さく、シャープレシオではTOPIXを上回っています。

先ずは可もなく不可もないスタートと言えるでしょう。

5年間のリターン・リスクの平均

5年間の場合、2010年3月から2017年8月までの結果で比較します。

2010年3月から5年間、さらに2010年4月から5年間・・・2012年8月から5年間と、起点(投資月)を1カ月ずつずらして、それぞれの5年間のリターン、リスクを計算します。全部で30個(区間)のデータとなりますので、この平均値をまとめます。

(注)ここでのリターン、リスク、シャープレシオは、各運用期間の平均をとったもので、一般的に使われるリターン、リスク、シャープレシオの値とは異なります。

アクティブファンド・国内株式

これをシャープレシオの大きい順に並べると下表のようになります。

5年間平均リターン・リスク(2010/3~2017/8)
   ファンド リターン
(年率)
リターン順位 リスク
(年率)
シャープレシオ
1 ジェイリバイブ 33.7% 1 17.1% 1.97
2 スパークス厳選 23.7% 2 15.4% 1.54
3 ひふみ投信 22.9% 3 15.0% 1.53
4 結い2101 10.4% 12 9.2% 1.13
5 MHAM日本 20.8% 4 19.8% 1.05
6 コモンズ30 14.3% 8 15.3% 0.93
7 日興アクティブ 16.6% 5 18.5% 0.89
8 TOPIX 14.4% 7 17.6% 0.82
9 三井住友バリュー 14.9% 6 18.5% 0.80
10 フィデリティ 13.9% 9 17.7% 0.79
11 グッドカンパニー 13.5% 10 17.8% 0.76
12 さわかみ 13.0% 11 17.5% 0.75

シャープレシオ、及びリターンともに1~3位となるのは、

  1. SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
  2. スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)
  3. ひふみ投信

TOPIXに対して倍近い、1位のジェイリバイブは2倍以上の好成績となっています。

4位になった結い2101、リターンでは最下位ですが、その分リスクも小さく、シャープレシオとしては悪くありません。

次に、この5年間(30区間)のデータの平均値、最大値、最小値をまとめます。

アクティブファンド・国内株式

先にあげたSBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブスパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)の2本は最小値でも、TOPIXの最大値を上回ります。

3位のひふみ投信の最小値もTOPIXの最大値と殆ど変わりません。

リターンで4位、シャープレシオで5位となったMHAM日本成長株ファンド<DC年金>も、若干バラツキが大きいものの、TOPIXより十分好成績です。

尚、今回評価したアクティブファンドでは、TOPIXを大幅に下回るようなファンドはありませんでした。(そういうファンドだから人気もあるし、今回、評価対象としたとも言えるのですが・・・)

3年間のリターン・リスクの平均

前述の5年間の場合、設定日の関係でみのりの投信のデータが得られなかったため、今度は3年間とし2013年4月から2017年8月までの結果を見てみます。

アクティブファンド・国内株式

みのりの投信はリターンこそ、上記4本のファンドには及びませんが、その分リスクが小さくなっています。

上記リスク-リターンのグラフからわかるように、

  • SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
  • スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)
  • ひふみ投信
  • みのりの投信
  • 結い2101

の5本が抜きん出て好成績を収めており、高いリターンを望むならジェイリバイブスパークス厳選投資ひふみ投信を、リスクを抑えたいならみのりの投信結い2101という棲み分けになりそうです。

年度別のリターン比較

アクティブファンドは長年にわたってインデックスに勝ち続ける事は難しいと言われています。

そこで各年度の1年間の騰落率を比較してみます。(2017年は9月15日まで)

先ず、それぞれのファンドの各年度の年間騰落率を下表にまとめます。TOPIX騰落率を上回った場合は青、下回った場合は赤で塗りつぶしてあります。そして、TOPIXとの勝敗、勝率も記載しています。

*下表はクリックすると拡大します。

アクティブファンド・国内株式

次に、各年度の騰落率のランキングもまとめます。

アクティブファンド・国内株式

SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブスパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)ひふみ投信の3本は2009年から2017年まで、TOPIXに負けた事はありません。全勝です。

結い2101の勝率が悪いですが、これは前述のようにリスクを抑えた運用をしているからです。

まとめ

以上、国内株式に投資するアクティブファンドを、TOPIXと比較する形でパフォーマンスを調査しました。

インデックスファンドに勝てないと言われるアクティブファンドですが、今回調査した中では、特に、

  • 結い2101

の5本が、TOPIXを総合的に見て上回る(必ずしもリターンが上回るという意味ではありません)結果を残しています。

勿論、過去の結果であり、将来のリターンを保証するものではありません。

過去の実績が将来も続くと考えるならアクティブファンドを、将来は分からない、確実にリターンを押し下げる要因となるコストを重視するならインデックスファンドを、ご自身の判断・責任のもと選択してください。

SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブSBI証券マネックス証券個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入出来ます。(SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>というファンドになります。)

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)マネックス証券個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入出来ます。

ひふみ投信は、SBI証券イオン銀行個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入出来ます。(ひふみ年金というファンドになります。)  また、ひふみ投信の直販でも購入できます。口座開設は↓。

みのりの投信は、SBI証券個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入出来ます。(みのりの投信(確定拠出年金専用)というファンドになります。)

今回評価した国内株式アクティブファンドを取扱っている個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関 公式サイト
*各金融機関で取扱っているファンドは異なります。
aeon200x200

他のアセットクラスを含めた人気のアクティブファンド一覧は↓の記事を参照して下さい。
 参考記事人気・低コストのアクティブファンド徹底比較 ~インデックスファンドに勝てるのか?~

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする