ファンド比較、運用状況、決算 ETF

NASDAQ100インデックスファンド(投資信託)、ETFを比較![iFreeNEXT / eMAXIS / NEXT FUNDS 1545 / MAXIS 2631/ Invesco QQQなど]

投稿日:

米国株式、NASDAQ(ナスダック)上場銘柄のうち時価総額上位100(除く金融)から構成されるNASDAQ100指数との連動を目指すインデックスファンド、国内籍(東証上場)ETF、米国ETFを様々な観点から比較します。

*尚、本記事でのインデックスファンド、あるいはファンドとは便宜上、非上場の投資信託を意味します。

[最終更新日:2022.10.21]全て最新の情報に更新。
本記事は一部を除き2022.9末日時点の情報に基づき記載しています。

スポンサーリンク

NASDAQ100指数とは? (米国株式)

 NASDAQ100は、米国 NASDAQ市場に上場する銘柄のうち、金融業を除き時価総額の大きい約100銘柄から構成される時価総額加重平均型の指数です。

*以下、構成銘柄はInvesco QQQより引用(2022.10.18時点)。

セクター(業種)比率

NASDAQ100のセクター比率です。

NASDAQ100(QQQ) 構成銘柄セクター比率

1位のInformation Technologyが49%、

Communication Servicesと合わせて65%、所謂ハイテク企業が多くを占めるのがNASDAQ100の大きな特徴です。

 

構成銘柄 上位10位

NASDAQ100の上位10銘柄は下表のようになります。(2022.10.18時点)

 銘柄
[Ticker]
構成比業種
1Apple Inc
[AAPL]
13.6%Information Technology
2Microsoft Corp
[MSFT]
10.5%Information Technology
3Amazon.com Inc
[AMZN]
7.0%Consumer Discretionary
4Tesla Inc.
[TSLA]
4.0%Consumer Discretionary
5Alphabet Inc
[GOOG]
3.7%Communication Services
6Alphabet Inc
[GOOGL]
3.6%Communication Services
7Meta Platforms Inc
(Facebook)

[META]
2.7%Communication Services
8NVIDIA Corp
[NVDA]
2.5%Information Technology
9PepsiCo Inc
[PEP]
2.4%Consumer Staples
10Costco Wholesale Corp
[COST]
2.0%Consumer Staples

*5,6位のAlphabet Inc.はGoogleの持ち株会社です。

所謂「GAFAM」銘柄が上位を占めており、この5銘柄だけで41%をも占めます。

 

NASDAQ100の過去のパフォーマンス  ~S&P500との比較~

NASDAQ100の過去のパフォーマンスを米国を代表する株式指数 S&P500と比較します。

2022.9末日時点の10年の米ドルベースのパフォーマンスです。全て年率で表記してあります。

*リターンは分配金再投資時のトータルリターン(分配金非課税・グロス)、シャープレシオ(S/R)は無リスク資産の利回り0として計算しています。

過去10年のパフォーマンス  2022.9末時点
 年率
リターン
年率
リスク
S/R
NASDAQ10015.67%
17.32%0.90
S&P50011.70%14.40%0.81

*S&P500はS&P Dow Jones Indices公式サイト(Fact sheet)、NASDAQ100はInvesco ETF QQQの値(Morningstarサイト記載のNAV値)から引用。

NASDAQ100は2022年に入り厳しい相場になってはいますが、10年で見るとS&P500を年率で約4ポイント上回るリターンを出し、リスクは若干高くなるものの、シャープレシオでも勝る良好な成績を収めています。

 

S&P500など他の米国株式指数の詳細は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

NASDAQ100に投資するインデックスファンド(投資信託)、ETF

NASDAQ100との連動を目指すインデックスファンド、ETFを下表にまとめます。

*信託報酬は税込み表記
*為替ヘッジ有は除く

ファンド/ETF信託報酬実質コスト
(非上場)インデックスファンド
PayPay投信 NASDAQ100インデックス0.418%2.036%
eMAXIS NASDAQ100インデックス0.440%0.504%
NZAM・ベータNASDAQ100インデックス0.440%0.859%
インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)0.484%0.584%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス0.495%0.533%
(~
0.543%)
(*1)
(国内)東証上場ETF
NEXT FUNDS NASDAQ-100(為替ヘッジなし)連動型上場投信【1545】0.220%
(*2)
0.326%
(*2)
MAXIS ナスダック100上場投信【2631】0.220%0.316%
iFreeETF NASDAQ100(為替ヘッジなし)【2840】(*3)0.220%(決算前)
上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし【2568】0.275%0.335%
米国ETF
Invesco QQQ Trust【QQQ】0.20%

(*1)iFreeNEXTは資産の一部をInvesco QQQに投資しており、その経費率(0.20%)も投資家が負担する事になります(運用報告書記載の実質コストにQQQ経費率が上乗せされる)。設定当初は100% QQQに投資していましたが(実質コストが0.20%上乗せ)、最近ではQQQ比率5%以下まで小さくなっており、ほぼ運用報告書通りの実質コストになっています。
尚、以下の解析にはQQQに5%投資していると仮定して実質コスト 0.533% + 0.20%*5% = 0.543%を用います。

注意非上場のファンドと東証上場ETFの信託報酬は、それに含まれる費用が異なる為、単純に比較する事は出来ません。例えば指数ライセンス料は、非上場ファンドは信託報酬に含まれるのに対し、ETFでは含まれません。またETFには上場費用も必要です。両者は後述する実質コストで比較する必要があります。

NASDAQ100に投資したい方は、この10本の中から選択する事になります(為替ヘッジ有、レバレッジ型を除く)

NASDAQ100レバレッジ型ファンドについては下記ページをご覧下さい。

 

以下、各ファンド・ETFについて詳細を比較します。

 

スポンサーリンク

インデックスファンド(投資信託) ~ iFreeNEXT  / eMAXIS  / NZAM / PayPay投信 / 日興インデックスファンドNASDAQ100~

NASDAQ100との連動を目指す(非上場の)インデックスファンドとして、

  • iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
  • NZAM・ベータ NASDAQ100
  • インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)
  • eMAXIS NASDAQ100インデックス
  • PayPay投信NASDAQ100インデックス

の5本があります。

*その他、iFree レバレッジ NASDAQ100等もありますが、レバレッジ型ファンドの為ここでは割愛します。

 

NASDAQ100連動型インデックスファンドの信託報酬・実質コスト・純資産総額・設定日

この5本のインデックスファンドの設定日、信託報酬、実質コスト、純資産総額をまとめます。

尚、ファンド名の下に設定日を記載しています。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド
[設定日]
信託報酬
[実質コスト]
純資産総額
(億円)
[2022.9末時点]
1PayPay投信NASDAQ100インデックス
[2021.6.29]
0.4180%
[2.036%]
10.1
2eMAXIS NASDAQ100インデックス
[2021.1.29]
0.4400%
[0.504%]
474.6
2NZAM・ベータNASDAQ100
[2020.3.12]
0.4400%
[0.859%]
17.6
4インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)
[2020.8.31]
0.4840%
[0.584%]
483.0
5iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
[2018.8.31]
0.4950%
[0.519%]
493.7

最も手軽にNASDAQ100に投資できるのがインデックスファンド。

リアルタイムの売買は出来ませんが、多くの証券会社(ネット証券)で100円から投資可能です。

信託報酬は2021.6.29に設定されたPayPay投信NASDAQ100インデックスが最安値。ただ、まだ運用実績が殆どなく、初回決算での実質コストは2.036%と非常に高くなっています。

これに続くのがeMAXIS NASDAQ100インデックスNZAM・ベータ NASDAQ100eMAXISは2021.1.29設定で約1年8カ月、NZAMは設定から2年半、インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)も2020.8.31設定と比較的新しいファンドです。

NZAM・ベータ NASDAQ100は2期目決算の結果が出ましたが、実質コスト0.859%と初回決算の1.671%よりは下がりましたが、まだまだ託報酬以外のコストが高くなっています。また、純資産も18億円しかありません。

インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)は2期目決算で実質コスト 0.584%。1期目の0.654%からは下がりましたが、未だ実質コストではiFreeに負けています。

唯一4年以上の運用実績があるのがiFreeNEXT NASDAQ100インデックス。純資産総額も僅差ながらこの中で最も大きくなっています。また信託報酬は最下位ですが、実質コストではeMAXISに次いで2位に上がります。

一般的に、設定当初は実質コストが上がったりベンチマークとの乖離が生じる事が多くありますので(詳細は後述)、実績を重視するならiFreeNEXT NASDAQ100インデックスという事になるでしょう。

 

iFreeNEXT/NZAM・ベータ/インデックスファンドNASDAQ100/eMAXIS/PayPay投信の人気・評判比較 ~資金流出入額~

月次資金流出入額純資産総額からiFreeNEXT NASDAQ100インデックスNZAM・ベータ NASDAQ100インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)eMAXIS NASDAQ100インデックス、PayPay投信NASDAQ100インデックスの売れ行き・人気を比較します。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値です。

NASDAQ100インデックスファンド人気・評判比較

先ずは運用実績が最も長いiFreeNEXT NASDAQ100インデックス、2019年は毎月1億以下でしたが2020年以降資金流入が急増しています。最近は多少減少気味ですが、それでも多くの月で数億レベルの資金流入があります。

勿論、S&P500との連動を目指すeMAXIS Slim米国株式(S&P500)等と比較すると大きな額ではありませんが・・・

そして、iFreeNEXT NASDAQ100インデックスを急速に追い上げているのがインデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)eMAXIS NASDAQ100インデックスの2本。直近では、この2本がiFreeより売れる月が多くなっています。特に2022年はインデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)の資金流入が多くなっています。

NZAM・ベータ NASDAQ100PayPay投信は未だ少額の資金流入に留まっています。

 

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの詳細は下記ページをご覧ください。

 

eMAXIS NASDAQ100インデックスの詳細は下記ページをご覧ください。

 

インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)の詳細は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

NASDAQ100連動型 国内・東証上場ETF ~ NEXT FUNDS【1545】/ 上場インデックスファンド米国株式【2568】/ MAXIS【2631】/iFree ETF【2840】~

東証上場ETFでNASDAQ100に投資できるETFとして、

野村アセットマネジメントが運用するNEXT FUNDS NASDAQ-100(為替ヘッジなし)連動型上場投信【1545】

日興アセットマネジメントが運用する上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし【2568】

三菱UFJ国際投信が運用するMAXISナスダック100上場投信【2631】

そして、大和アセットマネジメントが運用し2022年2月に上場したばかりのiFreeETF NASDAQ100(為替ヘッジなし)【2840】

があります。

*日興には「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり【2569】」、三菱UFJ国際投信には「MAXISナスダック100上場投信(為替ヘッジあり)【2632】」、大和には「iFreeETF NASDAQ100(為替ヘッジあり)【2841】」、野村には「NEXT FUNDS NAASDAQ-100(為替ヘッジあり)連動型上場投信【2845】」もありますが、ここでは為替ヘッジなしの【1545】【2568】【2631】【2840】のみ取り上げます。

東証上場ETFですので、円のままリアルタイムに投資する事が出来ます。

 

NASDAQ100連動型東証上場ETFの基本情報・比較

各ETFの各種情報を下表にまとめます。

*以下、NEXT FUNDS【1545】、上場インデックスファンド【2568】、MAXIS【2631】、iFreeETF【2840】と略して表記する場合があります。

[スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい]

 NEXT FUNDS
NASDAQ-100
連動型上場投信
【1545】
上場インデックス
ファンド
米国株式
(NASDAQ100)
【2568】
MAXIS
ナスダック100
上場投信
【2631】
iFreeETF
NASDAQ100
【2840】
運用会社野村アセット
マネジメント
日興アセット
マネジメント
三菱UFJ
国際投信
大和アセット
マネジメント 
上場日2010年
8月16日
2020年
9月24日
2021年
2月25日
2022年
2月2日
銘柄コード1545256826312840 
ベンチマークNASDAQ100  
信託報酬(税込)0.220% 0.275% 0.220% 0.220%  
実質コスト0.326%0.335%0.316%---% 
純資産総額
(2022.5.31時点)
452.5億円60.4億円141.0億円48.2億円 
決算日(分配金)年1回
(8/10)
年2回
(1/8, 7/8)
年2回
(6/8, 12/8)
年2回
(3/10, 9/10) 
売買単位1口単位
約1.6万円
(2022.10時点)
10口単位
約2.8万円
(2022.10時点)
1口単位
約1.2万円
(2022.10時点)
1口単位
約1.5万円
(2022.10時点) 
マーケット
メイク制度
対象対象対象対象 
iNAVなしあり
なしあり 
外国税額控除
(二重課税調整)
対象対象対象対象 
売買手数料無料
の証券会社
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
楽天証券SBI証券
楽天証券
無 

信託報酬は2021.10.27より引き下げられたNEXT FUNDS【1545】、及びMAXIS【2631】、さらに2022.2に上場したiFreeETF【2840】が同率で0.220%。実質コストも(非上場の)インデックスファンドより十分低くなっています。

NEXT FUNDS【1545】は10年以上の長い運用実績を誇ります。一方、MAXIS【2631】は2021.2に設定された新しいETFです。

iFreeETF【2840】は未だ上場したばかりです。

2020年に上場した上場インデックスファンド【2568】も比較的低コストですが、これも未だ十分な実績がありません。

また、NEXT FUNDS【1545】MAXIS【2631】SBI証券楽天証券等で、上場インデックスファンド【2568】楽天証券で売買手数料無料で取引出来ます。

尚、ここで取り上げた4本のETFとも2020年から適用された外国税額控除(二重課税調整措置)の対象ファンドで、税制上、有利になる場合があります。

詳細は下記ページをご覧ください。

 

市場価格と基準価額の乖離、流動性など

*売買代金・売買高は2022年10月20日時点の直近90日間平均、スプレッドは2022.9末時点(データ引用:東証マネ部)。
*乖離率は直近1年(2021年10月~2022年9月/iFreeETFは2022.2より)の絶対値の平均(データ引用:モーニングスター)

[スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい]

 NEXT FUNDS
NASDAQ-100
連動型上場投信
【1545】
上場インデックス
ファンド
米国株式
(NASDAQ100)
【2568】
MAXIS
ナスダック100
上場投信
【2631】
iFreeETF
NASDAQ100
【2840】
平均売買代金
(直近90日)
164,038万円29,411万円58,258万円 17,581万円 
平均売買高
(直近90日)
94,884口100,594口47,567口 11,155口 
スプレッド0.05%0.06%0.07% 0.06%
市場価格・基準価額
乖離率(直近1年)
0.158%
0.144%
0.144%
0.169%

売買代金が大きいのはNEXT FUNDS【1545】、外国株式に投資する国内ETFとしては十分大きい部類に入ります。

上場インデックスファンド【2568】MAXIS【2631】も上場から2年以下にしては大きい売買高ですが、NEXT FUNDS【1545】に比べると金額で1/5~1/3程度。

市場価格と基準価額の乖離は全てのETFが同程度で0.1%を超えています。ボラティリティの大きい相場で乖離も大きくなったと推測。

 

スポンサーリンク

NASDAQ100インデックスファンド・国内ETFのリターン比較、ベンチマークとの乖離

非上場のインデックスファンド、及び東証上場のETFについて、その騰落率のベンチマークとの乖離を見てみます。

*ETFでは、前章で示した市場価格と基準価額との乖離の他、基準価額とベンチマークとの乖離があります。本章で比較するのは後者の乖離です。また、ETFの基準価額は分配金を非課税で再投資したトータルリターン(グロス)値を用います。

本章では各ファンド・ETFの騰落率と実質コストの関係を見ていきますが、これは、理想的には配当課税を適切に考慮したインデックス(指数)騰落率(これを「真のインデックス」と定義)から決まる傾き、切片の直線になります。ただ、外国株式の場合、「真のインデックス」騰落率がわかりませんので、管理人の主観で図中グレーの点線を引いています。

(注)本評価では、多くのファンドがベンチマークとの乖離がないであろうとの仮定・前提のもと、この「多くのファンド」から外れた騰落率を示すものを「乖離」と判定します。評価方法やインデックスの詳細については下記記事をご覧ください。

 

米国ETF Invesco QQQのデータもプロットします。
*QQQは分配金10%課税後再投資した場合の終値での円換算騰落率。(終値は米国Yahoo Finance、分配金は米国Invesco社サイトより引用)

*評価期間中に信託報酬の変更があったファンド・ETFは、その期間に応じて按分した期中平均実質コストを用います。(期中平均コストは基準価額の変動を考慮せず)
*非上場のインデックスファンドを○、ETFを△でプロット
*iFreeETF【2840】は6カ月のデータのみ
*インデックスファンドNASDAQ100は日興アメリカと記載

 

 1年騰落率

2022年9月末時点の1年騰落率と実質コストの関係です。

NASDAQ100インデックスファンド、ETFの評価・比較

上図、グレーの点線が、傾き=-(1+ベンチマークの年率リターン)、切片=ベンチマークの年率リターンです。ベンチマークとの乖離がなければこの点線上に乗る筈です。
*あくまで管理人の主観で引いた線ですが、切片、傾きに前述の制限がついた直線です。

実質コストが非常に高かったPayPayは、そのコストに応じた低い騰落率に留まっています。

その他のファンドは良く分かりませんので、実質コストの高いPayPay、さらにNZAMを省略してグラフのスケールを変えたのが下図。

NASDAQ100インデックスファンド、ETFの評価・比較

*NEXT FUNDS【1545】は信託報酬引下げ前の期間が約1/12を含むデータです。

QQQを含め、3本のインデックスファンド、3本のETFとも概ね同一直線上にのっています。これは、コスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない事を意味します。
*ETF3本のコスト依存は若干不明確ですが。。。

騰落率トップは勿論、コストで勝るQQQ

そして、国内ファンド・ETFでは、信託報酬・実質コストで勝るETF3本の騰落膣が高く、その中でもNEXT FUNDS【1545】が高くなっています。

(非上場の)インデックスファンドでは、順当に実質コスト最安値のeMAXIS NASDAQ100インデックスの騰落率が高くなっています。iFreeNEXT NASDAQ100インデックスがこれに僅差で続きます。

 

6カ月騰落率

2022年9月末時点の6カ月騰落率と実質コスト(/2)の関係です。

運用実績が1年に満たない、iFreeETF【2840】を含め全ファンド・ETFのデータがそろっています。

*iFreeETFは未だ初回決算前なので実質コストではなく信託報酬でプロット。

NASDAQ100インデックスファンド、ETFの評価・比較

6カ月でも大きな傾向は1年と変わりません。PayPayNZAM・ベータを除くファンド・ETFがコスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない運用になっています。

iFreeETF【2840】も概ね問題ない運用になっています。

尚、大きくプラス側に乖離しているように見えるPayPayNZAM・ベータですが、直近の決算結果より実質コストが下がっている可能性も考えられます。

ETFでは、信託報酬を引下げたNEXT FUNDS【1545】、6カ月騰落率では全て引下げ後の期間になりますが、低いコストに応じた高い騰落率になっています。

 

スポンサーリンク

米国ETF Invesco QQQ Trust  ~国内ETF、インデックスファンドどちらが得か~

信託報酬/経費率だけで考えたら米国 ETF Invesco QQQに直接投資するのが最も低コストです。

2022.10時点で市場価格は270ドル前後ですので4万円程度で投資できます。

具体的にQQQへの直接投資が、国内インデックスファンド、国内ETFに対して、どれだけお得になるかを年利回りで比較してみます。

*前章で示したQQQの騰落率は分配金の米国課税以外の手数料・税金を考慮していませんのでご注意下さい。

 

QQQへの直接投資と国内インデックスファンド、ETFとの比較

計算条件

  • 100万円を一括投資し、10年、または20年後に売却、それまでの年率換算利回りで評価。
    (売却時の譲渡益課税後から利回り計算)
  • トータルリターン(年率) 5%、うち配当利回り0.5%。
    *NASDAQ100は一般的に配当利回りが低いので0.5%と仮定。
  • 国内インデックスファンドは分配金を出さない。
  • 国内ETFは外国税額を全額控除出来るとする(NISAを除く)。
  • QQQの分配金は便宜上年1回とし、課税後の分配金は全額再投資する。
  • QQQで外国税額控除を行う場合、米国課税の半分が還付されるとして、計算上は米国課税を5%とする。
  • QQQの買付・売却手数料は0.495%。NISAでは売却時のみ考慮。
    但し、分配金再投資時の買付手数料は考慮せず。
  • ドル購入時の為替手数料は考慮せず。

 

計算結果

10年後、20年後での売却後の利回りを下表にまとめます。

国内インデックスファンド、国内ETFは、それぞれの中で実質コストが最も低いeMAXIS NASDAQ100インデックスMAXISナスダック100上場投信【2631】を用います。

*スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい。

  国内
インデックス
ファンド
国内ETF米国ETF
eMAXIS
NASDAQ100
インデックス
MAXIS
ナスダック100
【2631】
QQQ
実質コスト0.504%
0.316%
 0.20%
外国税額控除---
[NISAは無]
非適用半分還付
配当
外国税率
10%
0%
[NISA 10%]
10%5%
配当
国内税率
---%20.315%
[NISA 0%]
20.315%
[NISA 0%]
20.315%
課税口座
10年利回り
(年率)
3.67%3.86%3.88%3.90%
20年利回り
(年率)
3.79%3.98%4.02%4.04%
非課税口座(NISA)
 10年利回り
(年率)
 4.45%4.63%4.73%---

最も利回りが高いのが米国ETF QQQ

次に国内ETF。米国ETF QQQとの差はそう大きくありません。

一方、(非上場の)国内インデックスファンドは、ETF(国内&QQQ)とのコスト差が大きく、リターンは若干劣ります。

*海外ETFで懸念される三重課税は、QQQのように米国株式だけに投資する場合は問題となりません。

 

[PR] 新生銀行 口座開設などで最大8,000ポイントプレゼント
新生銀行では新規口座開設すると取引条件などに応じて最大8,000ポイント(Tポイント/dポイント/nanaco)がもらえます。
例えば、新規口座開設で500pt、初めてのログインで200pt、初めての振込み入金で500ptなど・・・
*<新規口座開設のお客さま限定>の本プログラムは2022.12.31で終了します。
さらに、これも新規口座開設者限定で3カ月 年1.0%(税引前、2022.5.1金利アップ)、1年 年0.30%(税引前、2022.6.24新設)の円定期預金に預入できます。


公式サイト新生銀行

まとめ ~NASDAQ100 インデックスファンド(投資信託)・国内/米国ETFのおすすめ~

以上、米国のハイテク企業を中心としたNASDAQ100に投資する米国ETF、国内インデックスファンド・ETFを比較しました。

コストを重視する方は、(非上場の)インデックスファンドより、東証上場ETFや米国ETF Invesco QQQ Trustに投資する方が有利になります。

しかし、資産形成期においては、分配金を出すETFは分配金再投資の手間がかかり、また、相場によっては必ずしも有利になるとは限りません。

*NASDAQ100のように分配金利回りが小さいとETFの優位性が高くなります。

本記事のETF/インデックスファンド比較ではトータルリターン年率5%(内、配当利回り0.5%)一定で計算、比較してありますが、実際は株価・基準価額が単調に上昇していくわけではありません。株価・基準価額の変動により今回の結果よりETF(国内・米国とも)が不利になる可能性があります。詳細は下記記事を参照して下さい。下記記事は基本的に国内株式を対象とした検証結果ですが、分配金再投資という点では同様に考えられます。


 

多少コストは高くなりますが、もっとも手軽に100円から投資できる(非上場の)インデックスファンドも有力な選択肢である事には変わりません。

米国株式取引を主に行っている方はInvesco QQQ Trust

円でリアルタイムで取引出来、コスト的にも有利になりつつある東証上場ETF、

もっと手軽に投資したい方は(非上場の)インデックスファンドと、

それぞれの投資スタンスに応じて選択すれば良いでしょう。

 

QQQを除き、本サイトが(管理人の主観を込めて)お勧めするファンド・ETFは、

実績を重視するなら、

NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信【1545】(2021.10.27からの信託報酬引下げでコスト的にも有利になりました)

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

まだ実績は少ないものの今後に期待するETF・ファンドとして、上記2本と概ね同等、もしくは低いコストの

MAXIS ナスダック100上場投信【2631】

eMAXIS NASDAQ100インデックス

コスト差がそう大きくないだけに、それぞれのお好みで選択すれば良いでしょう。

SBI証券
米国ETFなら住信SBIネット銀行との組み合わせで為替手数料が安いSBI証券がおすすめ。
投資信託も、投資信託保有で毎月Tポイント/Pontaポイント/dポイントがもらえ、さらにT or Pontaポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
さらに三井住友カードで投信積立が出来ます。ポイント付与率0.5%(ゴールド、プラチナカードはさらに付与率アップ)。
*三井住友カード(NL)なら年会費永年無料。
公式サイト SBI証券三井住友カード(NL)

楽天証券
楽天ポイントで投資信託を購入出来ます。また、楽天カード(クレジットカード)や楽天キャッシュで投資信託を積立購入する事が出来ます。勿論ポイント還元があります。
公式サイト楽天証券楽天カード

マネックス証券
マネックスカード(クレジットカード)で投信積立が出来ます。投信積立での還元率1.1%。マネックスカードの発行はマネックス証券口座が必要。
公式サイトマネックス証

マネックス証券 iDeCo
個人型確定拠出年金(iDeCo)でNASDAQ100に投資するなら主要ネット証券で唯一「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」をラインアップしているマネックス証券。
公式サイトマネックス証券 iDeCo

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!(2022.12.31まで)

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンド比較、運用状況、決算, ETF

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.