ファンド紹介・解説

【インデックスファンド評価・解説】野村スリーゼロ先進国株式投信。

投稿日:2020年5月4日 更新日:

日本を除く先進国の株式に投資するインデックスファンド野村スリーゼロ先進国株式投信について解説します。

[最終更新日:2020.9.2]純資産総額を2020.8末の情報に更新。
ライバルファンドの実質コスト更新。
[2020.5.4]初版
本記事は原則2020.4末日時点の情報に基づき記載しています。

スポンサーリンク

野村スリーゼロ先進国株式投信の基本情報

野村スリーゼロ先進国株式投信野村アセットマネジメントが運用するインデックスファンドです。2030年までと期間限定ながら信託報酬が0%、販売会社、運用会社(委託会社)、信託銀行(受託会社) 3社の取り分を全て0としたことからスリーゼロと命名。
野村證券つみたてNISA専用商品です。

今回解説するのは、先進国の株式に投資する野村スリーゼロ先進国株式投信

野村證券のつみたてNISA(オンラインサービス)のみでの販売です。

他の証券会社で投資・購入する事は出来ません。

先ず、野村スリーゼロ先進国株式投信の基本情報をまとめます。

運用会社野村アセットマネジメント
設定日2020年3月16日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマークMSCI KOKUSAI
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.00%
(2030年まで) 
実質コスト(決算前)
純資産総額 1.1億円(2020.8.31時点)
(マザーファンド) 純資産総額 5,664億円(2019.4.1時点)
分配金実績
つみたてNISA対象商品
SBI証券ポイント還元年率---
楽天証券ポイント還元年率---

投資対象

ベンチマークMSCI KOKUSAI(コクサイ)で、日本を除く先進国の株式に投資します。

配当込み・除くは明記されていませんが、同じマザーファンドで運用する野村インデックスファンド・外国株式[愛称:Funds-i](以下、Funds-iと記載)と同じであれば、配当込み・グロスと推測されます。

グロスとは配当金に対する源泉徴収税を考慮しない指数です。

実際の運用では、ファンドが所有する株式から配当が出て、それに各投資国で源泉徴収された後の配当金がファンドの資産となりますので、通常はベンチマーク(配当込・グロス)よりファンドの騰落率が、配当の源泉徴収税(+コスト)分だけ低くなります。

*インデックスファンドのベンチマークは[除く配当]と[税引前配当込/グロス]、[税引後配当込/ネット]の3種類ありますが、ベンチマークの配当除く・含むは運用成績に直接関係するものではありません(少なくとも過去においては)。但し、運用報告書などに記載されているベンチマークとの乖離を見る時は注意が必要です。詳細は下記記事を参照して下さい。
参考記事インデックスファンドのベンチマーク(除く配当/プライス、配当込/グロス・ネット)と乖離の評価方法。

 

マザーファンド

野村スリーゼロ先進国株式投信ファミリーファンド方式で、下記マザーファンドに投資します。

野村スリーゼロ先進国株式投信

画像引用:野村スリーゼロ先進国株式投信 交付目論見書

外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンドは5,664億円(2019.4時点)と巨額の資産を持ち、野村インデックスファンド・外国株式[愛称:Funds-i]野村つみたて外国株投信などと同じマザーファンドです。

 

投資国

投資する国、比率は下図のようになります。

野村スリーゼロ先進国株式投信

画像引用:野村スリーゼロ先進国株式投信 マンスリーレポート(2020/3)

先進国といっても米国が約69%を占めます。

詳細は下記記事を参照して下さい。
参考記事【外国株式インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? 

 

投資銘柄

投資している銘柄は下表のようになります。(組入上位10銘柄)

野村スリーゼロ先進国株式投信

画像引用:野村スリーゼロ先進国株式投信 マンスリーレポート(2020/3)

10位中9銘柄を米国が占めており、マイクロソフト、アップル、アマゾン、フェイスブック、アルファベット(Googleの持ち株会社)など日本でも良く知られた企業が上位になっています。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

野村スリーゼロ先進国株式投信の信託報酬は、2030年12月31日までの期間限定ながら0%。無料です。

*但し、投資信託では後述するように信託報酬以外のコスト(売買費用、保管・監査費用など)が発生しますので完全に無料という訳ではありません。

2031年1月1日以降の信託報酬は0.11%(税込み)以内となります。
*同種ファンドにおける業界最低水準を目指して決定。

信託報酬に信託報酬以外のコストを加えた実質コストでは決算前で未だわかりません。

尚、同じマザーファンドで運用するFunds-iと信託報酬以外のコストが同じと仮定すると、実質コスト 0.035%程度(税込み)と推測されます。(但し、実質コストは固定されたものではなく、毎年変動します)

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

 

他社 先進国株式インデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

他社の低コスト・先進国株式インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

*尚、SBI・先進国株式インデックス・ファンドだけはベンチマークが異なりFTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス、他は全てMSCI KOKUSAIをベンチマークとするファンドです。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
--野村スリーゼロ先進国株式投信0%
(2030年まで)
(決算前)
--SBI・先進国株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1022%0.202%
1eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1023%0.175%
1<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックス0.1023%0.164%
3たわらノーロード先進国株式0.10989%0.159%
4iFree外国株式インデックス0.2090%0.255%
4i-SMTグローバル株式インデックス0.2090%0.257%
6(三菱UFJ)つみたて先進国株式0.2200%0.290%
6Smart-i先進国株式インデックス0.2200%0.336%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

*上表では野村スリーゼロ先進国株式投信は販売会社・つみたてNISA限定という事で、参考値扱いとしています。

勿論、野村スリーゼロ先進国株式投信信託報酬は最安値。

MSCI KOKUSAIをベンチマークとするファンドで、一般に販売されているeMAXIS Slim先進国株式 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスとは0.10%の差があります。

 

信託報酬の変更履歴

野村スリーゼロ先進国株式投信は販売されたばかりで、かつ信託報酬が0%ですので変更実績はありません。

注目は2031年からの信託報酬がどうなるか?

野村スリーゼロ先進国株式投信の信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2020/3/16
0%新規設定。
2031/1/10.11%
(???)
同種ファンドで最低水準を目指す

スポンサーリンク

野村スリーゼロ先進国株式投信の運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (評判・人気は?)

月次資金流出入額純資産総額から野村スリーゼロ先進国株式投信の売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値になります。

野村スリーゼロ先進国株式投信

まだ設定されたばかりで殆ど資金流入はありません。(現時点の資金流入は既に野村證券つみたてNISA口座を保有していた方のみと推測)

注目は2021年以降、どれだけの方が野村證券つみたてNISAを利用するかでしょう。

*既に2020年に他社のつみたてNISA口座で投資してると2020年分は変更できません。

ただ、野村證券1社で、かつ、つみたてNISA(オンラインサービス)限定ですので、今後も他の一般販売ファンドのように急激に資金流入が伸びていく事はないと推測します。

 

運用状況は?

インデックスファンドではベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

*ベンチマークは同じMSCI KOKUSAIでも配当込・除くなどファンドにより異なりますが、実際の運用は両者で変わらない事から、配当込で配当課税を適切に考慮したインデックスを、ここではベンチマークと定義します。
*多くのファンドがコスト起因以外でのベンチマークとの乖離はないだろうという前提で評価。
*図中、グレーの点線はあくまで管理人の主観で描いたものです。

下図は、2020年4月末日時点の実質コストに対する1カ月騰落率を複数のファンドでプロットしたものです。

*野村スリーゼロ先進国株式投信の実質コストは、信託報酬以外のコストがFunds-iと同じと仮定してプロット。

野村スリーゼロ先進国株式投信

グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。

1カ月の結果という事もあって各ファンド、コストと騰落率の相関があまり良くありませんが、その中でも野村スリーゼロ先進国株式投信は騰落率でトップとなっており、そのコストの低さが騰落率にも反映されています。

ベンチマークとの乖離という点でも問題なく、また信託報酬以外のコストが特別高くなるような事も観察されていません。

*今のところ資金の出入が小さいというのも運用という点では好都合に働いている可能性もあります。ファンド純資産に対して大きな資金流出入があると乖離を起こしたり信託報酬以外のコストが高くなる場合があります。

 

まとめ

野村スリーゼロ先進国株式投信は期間限定ながら信託報酬0%というのが大きな特徴の先進国株式インデックスファンドです。

まだ設定されたばかりですが、今のところ運用にも問題なく、その低いコストに応じた高い騰落率を示しています。

難点は、野村證券のつみたてNISA(オンラインサービス)でしか購入できない事

それでも先進国株式を中心に投資する方、あるいはつみたてNISAでは先進国株式、その他の証券会社・口座で他のアセットクラスを投資する方にとっては、十分魅力的な商品である事に変わりありません。

 

楽天証券(楽天カード)でeMAXIS Slimや<購入・換金手数料なし>ニッセイ

楽天証券楽天カードを用いて投資信託を購入すれば1%がポイント還元されます(月上限5万円)

信託報酬では野村スリーゼロ先進国株式投信に大きく負けているとはいえ、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスの信託報酬は0.1%程度、楽天カードで購入すれば単純には10年分の信託報酬が0%になるのと等価です。

さらに楽天証券では投資信託保有で年率0.048%のポイント還元があります。

*勿論、証券会社のサービスですので、将来改悪・廃止される可能性も否定できません。

両者を比較して、どちらにするかを検討されては如何でしょう?

尚、つみたてNISA以外にも投資する方なら、つみたてNISAで上限年間40万円(月3.3万)を野村スリーゼロ先進国株式投信、月5万円を楽天証券での楽天カード積立でeMAXIS Slim等に投資する方法もありますね。

公式サイト楽天証券

公式サイト楽天カード

 

 

ライバルとなるファンド

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

i-SMTグローバル株式インデックス 

たわらノーロード先進国株式

つみたて先進国株式

野村スリーゼロ先進国株式投信 (本記事)

 

他の先進国株式インデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.