【外国株式インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? GDPとの関係も。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

インデックスファンドとは、ある指数に連動するよう運用するファンドですが、一体どんな指数があって、それぞれが、どこの国を投資対象としているかをまとめます。

今回は全世界株式、先進国株式、新興国株式などの外国株式編です。

債券、REITについては下記の記事を参照して下さい。

参考記事【外国債券インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? 
参考記事【外国REITインデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国?

インデックスファンドの一覧(ファンド名、信託報酬、実質コスト、純資産総額)は↓を参照してください。
参考記事インデックスファンド・コスト比較

全世界株式

代表的なインデックス(指数)

MSCI All Country World Index (MSCI ACWI)

全世界の株式を対象とした指数として、MSCIが公表している、

MSCI All Country World Index (MSCI ACWI)

があります。

日本を含めて47カ国から構成される時価総額加重型の指数で、構成する国の国民総生産(GDP)は、全世界のGDPの90%を占めます。

大型・中型株からなり、約2400~2500銘柄、全世界の時価総額の85%をカバーします。

全世界を含むACWIと、日本を除いたACWIの二つの指数があり、主な構成国、比率を下図のようになります。

MSCI ACWI

*MSCI ACWIは、先進国23カ国(日本含む)からなるMSCI World Indexに、新興国24カ国からなるMSCI Emerging Markets Indexを加えたものになります。

概ねの比率は、

(日本を含む場合) 日本 8%、先進国81%、新興国11%

(除く日本の場合)   先進国 88%  新興国 12%

となります。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

MSCI ACWIと同じく全世界の株式を対象とした指数として、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスがあります。

構成国は下図の通り。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス[VT]

構成国数は47国、その構成国・比率もACWIと概ね同じです。

但し、こちらは、全世界の大型・中型・小型株を対象とし、構成銘柄は約7,700とACWIの3倍以上、全世界の時価総額の98%をカバーします。

人気の米国ETFVTに採用されているインデックスです。

主なインデックスファンド

MSCI ACWI(除く日本)を使用しているファンドとしては、

  • 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド (三井住友アセットマネジメント)
  • eMAXIS 全世界株式インデックス (三菱UFJ国際投信)

があります。

参考記事三井住友・DC全海外株式 vs. eMAXIS 全世界株式 徹底比較。

一方、日本を含むMSCI ACWIに連動するファンドとして、2017年9月上旬に新規設定された、

  • 全世界株式インデックス・ファンド (ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ)

があります。

そして、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動するファンドとして、

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド (楽天投信投資顧問)

があります。VTに投資するファンド・オブ・ファンズです。

参考記事「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」新規設定。VTやVTIに気軽に投資可能!

先進国株式

代表的なインデックス(指数)

国内で販売されている殆どの先進国株式インデックスファンドMSCI

MSCI KOKUSAI (MSCIコクサイ)

をベンチマークとしています。時価総額加重型の指数です。

MSCI KOKUSAIは、上述したMSCI World Indexから日本を除外したもので、先進国22カ国から構成されています。(主な構成国、比率は下図)

MSCI KOKUSAI

先進国といっても米国が65%も占めています。

主なインデックスファンド

ファンドの名称に「先進国株式」「外国株式」「グローバル株式」と名のつくインデックスファンドの殆どがMSCI KOKUSAIをベンチマークとしています。

主な低コストのインデックスファンドでは、

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス (三菱UFJ国際投信)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド (ニッセイAM)
  • iFree 外国株式インデックス (大和投資信託)
  • たわらノーロード先進国株式 (アセットマンジメントOne)

など多くのファンドがあります。

新興国株式

代表的なインデックス(指数)

MSCI エマージング・マーケット・インデックス

国内で販売されている殆どの新興国株式インデックスファンドMSCI

MSCI エマージング・マーケット・インデックス

をベンチマークとしています。時価総額加重型の指数です。

FTSE RAFI エマージング インデックス

FTSE RAFIエマージングは、株主資本、キャッシュフロー、売上、配当に着目して銘柄選定、ウェイト付けを行う、いわゆるスマートベータ型の指数です。

構成国とその比率

両者の構成国、比率を下図にまとめます。

新興国株式インデックス

最大の違いは、MSCIエマージングが韓国を16%も含むのに対し、FTSE RAFIエマージングは韓国を含まない点。(FTSEでは韓国は先進国扱い)

FTSEは韓国を含まない分、他の新興国の比率が高くなっています。

主なインデックスファンド

新興国株式インデックスファンドの殆どがMSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしており、主な低コストのインデックスファンドでは、

  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス (三菱UFJ国際投信)
  • たわらノーロード新興国株式 (アセットマンジメントOne)
  • インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 (日興AM)
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド (三井住友AM)

などがあります。

また、FTSE RAFIエマージングをベンチマークとするインデックスファンドには、

  • iFree 外国株式インデックス (大和投資信託)
  • iFree 8資産バランス[新興国株式部分] (大和投資信託)
  • DCダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックスファンド (大和投資信託)

などがあります。

参考記事大和投資信託「iFree 新興国株式インデックス」ってベンチマークが違うけど、どうなの? 

MSCI株式指数と国民総生産(GDP)

先ほど、MSCI ACWIは全世界のGDPの90%を占めると言いましたが、これを先進国(MSCI KOKUSAI)、及び新興国(MSCI Emerging Markets Index)、及び日本で分類してみます。

MSCIと国民総生産(GDP)

全世界のGDPのうち、日本が6%、そして先進国(MSCI KOKUSAI)が51%(うち約半分の24%が米国)、そして新興国(MSCI Emerging Markets Index)が33%となります。

国内株式に加え、先進国インデックスファンド、新興国インデックスファンドを購入すれば、全世界GDPの90%を占める国の株式に投資出来る事になるのです。

外国株式インデックスの構成国の詳細

上述の全世界株式、先進国株式、新興国株式の各インデックスの構成国、及び比率を下表にまとめます。

そのインデックスに含まれる国を、比率の大きい国は%表示(5%以上は赤太字)、その他は✔で表記します。

また、参考までに国民総生産(GDP)の2015年の順位、及び比率も示します。

  GDP
(2015年)
全世界株式 先進国
株式
新興国株式
  順位  比率 MSCI ACWI MSCI ACWI(日本除く) MSCI KOKUSAI MSCI Emerging Markets Index FTSE RAFI Emerging
構成国数     47 46 22 24 13
日本       
日本 3 6% 8%        
北アメリカ       
米国 1 24% 53% 57% 65%    
カナダ 10 2% 4%    
メキシコ 15 2%   5%
パナマ 67 0%          
南アメリカ       
ブラジル 9 2%   7% 13%
チリ 43 0%   1%
コロンビア 40 0%    
ペルー 49 0%    
アルゼンチン 21 1%          
ベネズエラ 31 0%          
  GDP順位 GDP 
比率
MSCI ACWI MSCI ACWI(日本除く) MSCI KOKUSAI MSCI Emerging  FTSE RAFI Emerging
ヨーロッパ       
英国 5 4% 6% 6% 7%    
フランス 6 3% 3% 4% 4%    
ドイツ 4 5% 4%    
スイス 19 1% 3%    
オランダ 17 1% 2%    
スペイン 14 2% 1%    
オーストリア 30 1%    
ベルギー 26 1%    
デンマーク 35 0%    
フィンランド 44 0%    
アイルランド 41 0%    
イタリア 8 2%    
ノルウェー 29 1%    
ポルトガル 45 0%    
スウェーデン 23 1%    
チェコ 50 0%    
ハンガリー 54 0%    
ポーランド 25 1%   2%
ロシア 12 2%   3% 8%
ギリシャ 46 0%    
  GDP順位 GDP 
比率
MSCI ACWI MSCI ACWI(日本除く) MSCI KOKUSAI MSCI Emerging  FTSE RAFI Emerging
アジア・オセアニア       
中国 2 15% 3% 3%   28% 28%
香港 34 0% 1%    
韓国 11 2%   16%  
台湾 22 1%   12% 14%
タイ 28 1%   4%
シンガポール 38 0%    
マレーシア 37 0%   3%
フィリピン 39 0%    
インドネシア 16 1%   2%
インド 7 3%   9% 8%
パキスタン 42 0%    
イスラエル 36 0%    
トルコ 18 1%   3%
カタール 52 0%    
UAE  ?    
オーストラリア 13 2% 3%    
ニュージーランド 51 0%    
アフリカ       
エジプト 32 0%    
南アフリカ 33 0%   9%

*MSCI ACWI、MSCI Emerging Markets IndexはMSCI社の公式サイトより引用。
*MSCI ACWI(除く日本)は、日本を含む構成比率から独自に計算して算出。
*MSCI KOKUSAIは、SMTグローバル株式インデックス・オープンの月次レポート(2017.7.31)記載のベンチマークの構成国・比率を引用。
*FTSE RAFI Emergingは、 FTSE Russellのこちらの資料を引用。
*各国のGDPは総務省統計局の「世界の統計2017」から引用。

参考記事【外国債券インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? 
参考記事【外国REITインデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国?

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする