ファンドニュース・新規設定ファンド

PayPay投信 米国株式インデックス 新規設定! 米国株式インデックスファンドとして信託報酬最安値。

投稿日:

PayPayアセットマネジメント株式会社(旧アストマックス投信投資顧問株式会社)は、同社が2021年3月8日に運用を開始した「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」の第三弾として下記ファンドを新規設定します。

  • PayPay投信 米国株式インデックス

「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」は、三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズと同様、「業界最低水準の運用コストを目指す」低コストのインデックスファンドシリーズです。

第1弾として運用を開始したPayPay投信 NYダウインデックス、PayPay投信 日経225インデックスについては下記ページをご覧ください。

 

第2弾として運用を開始したPayPay投信 NASDAQ100インデックスについては下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

PayPay投信 米国株式インデックス 新規設定

設定日

2022年3月16日

 

ファンドの特徴

米国株式 Morningstar 米国ターゲット・マーケット・エクスポージャー指数(配当込)との連動を目指すインデックスファンドです。

実際の運用は、主に「JPモルガン・ベータビルダーズ・米国株式ETF」(JPMorgan BetaBuilders U.S. Equity ETF【BBUS】)(*)に投資する事実上のFoFです。

*2019年3月設定と新しいETF、その経費率0.02%と非常に低コストです。

 

Morningstar 米国ターゲット・マーケット・エクスポージャー指数 [Morningstar US Target Market Exposure]

米国株式の時価総額の上位85%を占める大型・中型株を対象として指数で、約630銘柄から構成される時価総額加重型のインデックスです。

米国株式の代表的指数S&P500と構成銘柄Top10を比較します。

Morningstar 米国ターゲット・マーケット・エクスポージャー指数はBBUS、S&P500はiShares IVVの構成銘柄を参照しています(2022.2.25時点)

[スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい]

 NameSymbolMorningstar
US

[BBUS]
S&P500
[IVV]
1APPLE INCAAPL6.5%6.9%
2MICROSOFT CORPMSFT5.6%6.0%
3AMAZON COM INCAMZN3.4%3.6%
4ALPHABET INC
CLASS A
GOOGL2.0%2.2%
5ALPHABET INC
CLASS C
GOOG1.9%2.0%
6TESLA INCTSLA1.7%1.8%
7NVIDIA CORPNVDA1.5%1.6%
8BERKSHIRE HATHAWAY
INC CLASS B
BRK.B1.5%1.6%
9META PLATFORMS
INC CLASS A
FB1.3%1.3%
10UNITEDHEALTH
GROUP INC
UNH1.1%1.2%

Top10の銘柄は同じ、構成比率も殆ど変わりません。

少なくともTop10銘柄で見る限り、両者に大きな差はないように思えます。

 

BBUSとIVVのリターンを比較してみます。2022.1末時点のNAVの1年トータルリターンです。(データ引用:米国Morningstar)

 BBUSIVV
1年Total return(NAV)20.91%23.24%

全く同じという訳ではありませんが、概ね同等のリターンです。

 

信託報酬などのコスト

信託報酬  0.0715% (税込)

これに投資先ETFの経費率を加えた実質的な信託報酬は、

0.0915% (税込) 程度

となります。

 

販売会社

(EDINET登録時点で)

SBI証券、PayPay銀行

 

スポンサーリンク

米国株式インデックスファンド 信託報酬・実質コスト比較

他社の米国株式に投資するインデックスファンドを含めて信託報酬・実質コストを比較します。

尚、ファンド名の下にベンチマークを記載しています。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
1PayPay投信米国株式インデックス
[Morningstar US]
0.0915%(決算前)
2SBI・V・S&P500インデックス
[S&P500]
0.0938%0.105%
2SBI・V・全米株式インデックス
[CRSP US]
0.0938%(決算前)
4eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
[S&P500]
0.0968%0.123%
4SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)
[S&P500]
0.0968%0.128%
6SBI・V・米国高配当株式インデックス
[FTSE High Dividend Yield]
0.1238%(決算前)
7楽天・全米株式インデックス・ファンド
[CRSP US]
0.1620%0.187%
8楽天・米国高配当株式インデックス
[FTSE High Dividend Yield]
0.1920%0.255%
9PayPay投信 NYダウインデックス
[NYダウ]
0.1980%0.595%
10つみたて米国株式(S&P500)
[S&P500]
0.2200%0.244%
11NZAM・ベータ・NYダウ30
[NYダウ]
0.2310%0.490%
12Smart-i S&P500インデックス
[S&P500]
0.242%1.003%
13iFree S&P500・インデックス
[S&P500]
0.2475%0.278%
13iFree NYダウ・インデックス
[NYダウ]
0.2475%0.262%
13たわらノーロード NYダウ
[NYダウ]
0.2475%0.303%
-eMAXIS NYダウインデックス
[NYダウ]
0.6600%0.677%

 

PayPay投信 米国株式インデックスは米国株式に投資するインデックスファンドとして信託報酬最安値となります。

2位に0.002%ptの差をつけています。

 

以上、PayPay投信 米国株式インデックス、新規設定のニュースでした。

これにeMAXIS Slim米国株式(S&P500)SBI・Vシリーズが対抗する信託報酬引下げを行うかにも注目です。

 

米国株式に投資するインデックスファンド(S&P500など)の比較は下記ページをご覧ください。

 

主な低コストインデクッスファンドの一覧は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

*1年間だけながらauユーザーは最大5%、UQ mobileユーザーなら最大3%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年/5年 0.20%(税引前)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.