【インデックス型バランスファンド】8資産均等型ってどうなの? 世界経済インデックスファンドやセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと比較。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

国内債券・株式、先進国債券・株式、新興国債券・株式、国内・先進国REITの8資産に均等に資産配分するインデックス型のバランスファンド、

eMAXISシリーズのバランスファンドとしてeMAXISバランス(8資産均等型)がありましたが、最近、iFreeeMAXIS Slimたわらノーロード、そして2017年8月末にはSMTシリーズにも追加されました。

そんな8資産均等型バランスファンドのパフォーマンスを、個々のアセットクラス、及び、バランスファンドとして人気の世界経済インデックスファンドセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと比較してみます。

[最終更新日:2017.11.9]eMAXIS Slim信託報酬引下げ、iFreeの実質コストを更新。

8資産均等型バランスファンドの一覧

現在、販売・運用されているファンドに、新たに設定されたSMTシリーズを加え、8資産均等型のバランスファンドを下表にまとめます。

バランス型インデックスファンドの一覧は↓の記事も参考にして下さい。
参考記事バランス型インデックスファンド徹底比較

*純資産総額は2017/8/21時点。信託報酬等は税込み。

ファンド 信託報酬 実質コスト 信託財産
留保額
純資産総額
(百万円)

iFree 8資産バランス(*1) 0.2376% 0.429% 4,240
たわらノーロード バランス
(8資産均等型)
(*2)
0.2376% (決算前) 72
eMAXIS Slim バランス
(8資産均等型)
0.2268% (決算前) 3,039
eMAXIS バランス
(8資産均等型)
0.540% 0.608% 0.15% 22,524
SMT 8資産インデックス
バランス・オープン
0.540% 0.10%

(*1)iFree 8資産バランスの新興国株式は、MSCIエマージングではなく、FTSE RAFIエマージング インデックスがベンチマーク。
参考記事大和投資信託「iFree 新興国株式インデックス」ってベンチマークが違うけど、どうなの?

(*2)たわらノーロードバランス(8資産均等型)の新興国債券は、一般的なJPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイドではなく、JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラスになっています。詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事新興国債券インデックスファンドの二つのベンチマーク(GBI-EM、EMBI+)

8資産均等型バランスファンドのパフォーマンス

8資産均等型バランスファンドのパフォーマンスを調べます。

ただ、8資産均等型バランスファンドの中で最も設定の早いeMAXIS バランス(8資産均等型)でさえ設定日が2011/10/31と、比較するには十分な期間がない為、ここでは、SMTインデックスシリーズの個々のアセットクラスのファンドの基準価額から8資産均等型となる合成データを作成し、これを8資産均等型の基準価額とします。

*ここで作成した基準価額は、SMTインデックスシリーズのそれぞれのファンドのコストが引かれた値になります。

*新興国債券はJPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド、新興国株式はMSCIエマージングをインデックスとした合成データです。

また、同時に国内債券・株式、先進国債券・株式の4資産均等型のデータも作成し、8資産均等型と比較します。

さらに、人気のバランスファンドである、世界経済インデックスファンドセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのデータも同時に示します。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと世界経済インデックスファンドの詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド vs. 世界経済インデックスファンド。過去のリターン・リスクから徹底比較。

*各ファンドの基準価額は、各運用会社のサイトから引用。この基準価額をもとに、独自に分配金再投資後の基準価額を計算し、これからリターン・リスクなどを計算しました。

比較したバランスファンドの資産配分

8資産均等型4資産型均等型、さらにセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンドの資産配分比率をまとめます。

バランスファンド 8資産均等型

2009年1月からの基準価額のチャート

2009年1月16日を基準(10,000)とした、各バランスファンドのチャートを示します。

バランスファンド 8資産均等型

今回比較を行った期間は2009年1月から2017年7月まで。ちょうどリーマンショックの大底から抜け出し、回復基調にある期間である事に注意して下さい。

2009年1月から現在(2017年7月末)までのリターン・リスク

先ずは、2009年1月より現在(2017年7月末)までのリターン・リスクを確認します。

バランスファンド 8資産均等型

これらをシャープレシオ(投資効率)の大きい順に並び替えたのが下表になります。

*シャープレシオは無リスク資産の利回り0として計算。 

   アセット
クラス
リターン リスク シャープレシオ
1 国内債券 1.71% 1.74% 0.98
2 8資産均等 11.00% 12.03% 0.91
3 4資産均等 8.87% 9.94% 0.89
4 先進国株式 15.70% 18.56% 0.85
5 先進国REIT 17.13% 20.46% 0.84
6 セゾンVGBF 9.39% 11.53% 0.81
7 世界経済IF 9.70% 12.92% 0.75
8 国内REIT 12.45% 18.42% 0.68
9 国内株式 10.61% 17.37% 0.61
10 新興国株式 12.89% 21.59% 0.60
11 先進国債券 5.27% 9.43% 0.56
12 新興国債券 6.28% 13.08% 0.48

8資産均等型は、シャープレシオで国内債券に次いで第2位、リターンも世界経済インデックスファンドやセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドより高くなっています

8資産均等型は、比較的リターンが高かった先進国・国内REITを含んでいる事で有利になったと考えられます。

4資産均等型も、リターンこそ低めですがシャープレシオは高くなっています。

5年間のリターン

上述の「現在までの運用成績」は、現在の基準価額に大きく左右されますので、十分な評価方法とは言えません。

そこで、2009年1月から5年間、さらに2009年2月から5年間、・・・2017年7月から5年間と、起点を1カ月ずつずらして、それぞれの5年間のリターン、リスクを計算します。全部で43個(区間)のデータとなります。

先ずは、各区間のリターンを各アセットクラス、バランスファンドと比較してみます。

*ファンドの交付目論見書と同様、最大値、最小値、平均値でプロットします。

balance8-box-5y_20170823

右側のピンクの線で囲った4つがバランスファンドです。

平均値で見ると、8資産均等型は11.5%と、世界経済インデックスファンドセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドより高くなっています。

そして、バランスファンド全体に言える事ですが、リターンのバラツキ(上図の棒の長さになります)が、個々のアセットクラス(国内債券・先進国債券を除く)より小さくなっている事がわかります。複数の資産に分散し、それを随時リバランスする事で、リスクを抑えられるという事が良く分かります。

次に、各区間で計算したリターン、リスクの平均値をプロットします。さらに、その値から計算したシャープレシオの大きい順に下表にまとめます。

*ここで計算した値は、厳密な意味でのリスク、シャープレシオとは異なります。

バランスファンド 8資産均等型

   アセット
クラス
リターン リスク シャープレシオ
1 国内債券 1.99% 1.63% 1.23
2 先進国REIT 18.30% 17.68% 1.03
3 4資産均等 10.40% 10.14% 1.03
4 8資産均等 11.54% 12.05% 0.96
5 先進国株式 17.07% 18.40% 0.93
6 セゾンVGBF 10.99% 11.95% 0.92
7 国内REIT 17.70% 19.81% 0.89
8 先進国債券 7.70% 9.49% 0.81
9 世界経済IF 9.85% 13.17% 0.75
10 国内株式 12.93% 17.84% 0.72
11 新興国債券 5.00% 13.76% 0.36
12 新興国株式 7.15% 20.97% 0.34

この評価方法でも、8資産均等型はシャープレシオで第4位、そして、リターンも世界経済インデックスファンドやセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドより高くなっています。

そして、意外にも(?)健闘しているのが4資産均等型。シャープレシオは8資産均等型を上回り、リターンこそ及ばないものの、それでも、世界経済インデックスファンドよりは高くなっています。

平均で見ると、リターンの小さい新興国債券・株式を多く含む世界経済インデックスファンドが不利になります。

まとめ

GDPでも時価総額でもない、ただ単に均等に配分しただけの8資産均等型、(個人的にはあまり好きな資産配分では無かったのですが)過去の運用成績を見ると、世界経済インデックスファンドやセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを上回る結果となっています。

8資産均等型も、バランスファンドとして十分魅力のある資産配分である事がわかります。

一本で全世界に投資しつつ、

国内・先進国REITに期待したい方は8資産均等型

新興国に期待したい方は世界経済インデックスファンド

先進国に期待したい方はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

という棲み分けでしょうか。

8資産均等型のバランスファンドを購入し、さらに好みのアセットクラスのファンドを個別に追加する方法もあります。
参考記事eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、お得なバランスファンド中心のアセットアロケーション。マネックス証券iDeCoでもお勧め。

勿論、全て過去のデータであり今後の結果を保証するものではありません。投資は自己責任で。

8資産均等型バランスファンドや世界経済インデックスファンドは、楽天証券で100円から購入できます。楽天スーパーポイントで購入する事も可能です。

公式サイト楽天証券

また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、セゾン投信の直販、または楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入できます。

公式サイトセゾン投信

公式サイト楽天証券 確定拠出年金

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする